エステでの脱毛、そのメカニズム

エステでの脱毛、そのメカニズム

エステ脱毛で使われる脱毛器は一般的には光脱毛と呼ばれ、フラッシュ脱毛、ヨーロピアン脱毛、IPL脱毛など、さまざまな呼ばれ方をしますが、効果はほとんど同じです。

 

 

病院で使われるレーザー脱毛やニードル脱毛に比べ、かなり痛みも少なく、一度に広範囲の脱毛が期待できるということで、エステサロンのほとんどでこのタイプの脱毛器が使われています。

 

 

光脱毛の光は、成長期の毛の毛根にあるメラニン色素に反応します。光を照射する前に肌に透明なジェルを塗りますが、光の照射時は軽い痛みを感じる人もいます。太い毛ほど痛みを強く感じます。

 

 

毛根が熱を発し、ダメージを受けます。ダメージを受けた毛根は再生できなくなり、自然と毛は抜け落ちます。エステに行った後10日から2週間後くらいにダメージを受けた毛はするりと抜けていきます。
歯医者を田町 港区でお探しならここがおすすめです。

 

発毛の周期にあわせて1ヶ月から2ヶ月に1度のペースで通い、3〜4かいの施術で、毛がたいぶまばらになってくるのを感じられます。